とても辛く助けてあげたかったと思います。|卵子 質 上げる

とても辛く助けてあげたかったと思います。|卵子 質 上げる
Line

とても辛く助けてあげたかったと思います。|卵子 質 上げる


とても辛く助けてあげたかったと思います。

虐待は子供が望んだ事ではなく、全て大人の手で行われてしまいます。

虐待をしたくてしている訳ではない人もいる現実も、大きな問題です。

誰でも親になれば、子育てで大変な思いはしますし、可愛いだけでは育てられません。

虐待は誰でも起こり得るし、育児とは背中合わせの気もします。

ただ、そんな状況になった時に、相談する相手がいたりストレスを解消できる環境があったりすると、悲しい結末を迎える事が事前に防げるのでしょう。

悲しくも虐待をしてしまった方には、そう言う事を話せずに悩んでしまい、自分自身が辛い立場になっていたのだと思います。

そして感情の行き場がなくなった時に虐待という結果に結びついてしまったのだと思います。

どんな形であれ、産まれた子供に罪はありません。

産んだ以上は責任を持って育てなければならないはずが、親としての自覚が足りなかったり、命の尊さを理解していなかったりする親がいる事も事実ですよね。

子供を守っていく、無事に成長する事を見守る、そんな環境を大人全員が意識した育児が出来る、それが理想ですね。


Take2の深沢邦之さんとの結婚が話題になった女優の田中美佐子さんも長期間不妊治療を行い、43歳で出産、プロレスラーの高田延彦と結婚した向井亜紀さんは代理母出産により双子を授かる、タレントの坂上みきさんは卵子提供を受けて53歳で出産、元グラビアイドルのインリンオブジョイトイさんも不妊治療を行い、三人のお子さんに恵まれる、作家の林真理子さんも不妊治療を行い、体外受精により44歳で妊娠・出産、
Line