マタハラに関する所感|卵子 質 上げる

マタハラに関する所感|卵子 質 上げる
Line

マタハラに関する所感|卵子 質 上げる


マタハラに関する所感

ニュースでも時折取り上げられる「マタハラ」であるが、筆者の率直な所感を述べれば、「余裕が足りない」である。

例えば、自身が妊娠中であることを示す「マタニティマーク」の周知が徹底されておらず、また知っていたとしても、マークを着けていることで「特別扱いを強要しているようで鼻につく」等と反発されてしまうという。

これが嫌がらせにつながる。

満員電車などで、優先席に座らせない、罵声を浴びせる、腹部を圧迫される…等。

会社では、妊娠した職員に対して、上司が自主退職を促してくる、周囲からの「邪魔だ、迷惑だ」という圧迫…等といったマタハラが問題となっている。

マタハラが起こる原因としては、「周囲が妊娠している女性の状況を理解してあげられない」「中高年の妊娠経験者からの嫌がらせにあっては、当時の自分の状況と比して、今の妊婦が優遇されている不公平感」等と言われるが、自分の感ずるところからすれば、上述の通り「余裕が足りない」からである。

日々の学業や仕事に追われ、自分のことでいっぱいいっぱいである人々には他者を慮る余裕が費えてしまっている、という至極シンプルな理由が実は昨今のマタハラの根底にあるのではないか。


ダイアモンドユカイさんは閉塞性無精子症で、体外受精によってお子さんを授かった、プロゴルファーの横田真一さんと結婚した女優の穴井裕子さんは子宮内膜症で不妊治療を行い、二人のお子さんに恵まれる、清水圭の奥さんとしても知られる香坂みゆきさんは不妊治療を行って、二人の男の子を出産、子宮内膜症で不妊治療の末に二人の女の子を出産した女優の石田ひかりさん、男性不妊で体外受精によってお子さんを授かったWBC元世界王者の井岡弘樹さん、
Line