子どもを産まないのも自由。欲しいのに産めないのは社会の問題|卵子 質 上げる

子どもを産まないのも自由。欲しいのに産めないのは社会の問題|卵子 質 上げる
Line

子どもを産まないのも自由。欲しいのに産めないのは社会の問題|卵子 質 上げる


子どもを産まないのも自由。欲しいのに産めないのは社会の問題。

「夫婦二人だけの人生を楽しみたい」といった理由で子どもを持たないのはその人の自由なので、私は彼らの選択を尊重すべきだと思います。

自分たちの人生、人に迷惑をかけない限り自分のしたいように生きるべきだと考えるので。

子どもを育てることはとても大変なため、それと引き換えに失うものもあるでしょう。

何かに没頭したい、どうしてもやりたいことがあると思えるなら、必ずしも子どもを作らないでも良いのではないかと思います。

とりわけ年配の人の中には「子どもを持ってこそ一人前だ」という考えを持っている人が多いですが、私は必ずしもそうは思いません。

また、子どもが欲しくても夫婦どちらかの体質の問題で子どもができない場合もあるので、うかつにそういった発言はすべきではないと思います。

とはいえ、経済的な事情で子どもを望まない夫婦が増えているというのなら、社会的にもどうにかしなければいけない問題ではあると思います。

先進国で出生率が高い国は、子どもがいる家庭への経済的な援助が大きい場合が多いようなので。


元プロテニス選手の杉山愛さんも不妊治療を行い、流産の末に、39歳で、女優として人気の永作博美さんは不妊治療の末に二人のお子さんを出産、野口五郎さんと結婚した女優の三井ゆりさんは辛い不妊治療を続けて、男の子と女の子を出産、バスケットボール選手の北卓也さんの奥さんの久保恵子さんも不妊治療、体外受精を行い、女子を出産、元スケート選手で政治家の野田聖子さんは不妊治療を10年続けて、最終的には卵子提供を受けて体外受精で50歳で出産、
Line